2021年1月21日木曜日

大豆1粒から何粒?

 

【YMCAオベリン保育園】 大豆活動のご報告


 1月のある日、12月に収穫した「みんなの大豆」を鞘から取り出しました。


「収穫したみんなの大豆どうする?」「おやつに食べたいけど、、」「味噌作りたくて育てた」と大豆栽培の始まりを子どもたちと思い返しました。


 3つのグループに分かれて、1グループ1枝を担当する事になりました。


初めに枝についたままの大豆を観察しました。


「毛が生えててる」「やっぱりカラカラだね」


 次に、一粒も落とさないよう注意しながら鞘を開きました。


鞘から出てきたのは、、、


「お!」
「わーーー小さい!」「かわいい」
「わ!ぺちゃんこイモムシ!」

…と、とても楽しそうに大豆を取り出していました。そして、すぐに「先生!食べられるのと食べられなさそうなの分けたい!」という提案がありました。

そこで、容器を増やして「食べられる大豆」と「食べられなさそうな大豆」を分けていきました。



しばらく経つと、「そっちのグループ食べられる大豆何粒あった?」と隣のグループが気になりはじめました。

「えっとねー、1.2.3....10個!」「こっちは、9個」「みんなで何粒だろ?」「49!」



 「実は、この間大豆のおじさんのところへ行った時もらった大豆とっておいたの」と保育者が、以前収穫させていただいたおじさんの大豆を子どもたちに見せました。


子ども「えーー!多いい!」

保育者「実はみんなが今グループで大豆を取ったのと同じ、1つの枝から取れた量なんだよ」

子ども「おじさんすごーー」「おじさんのは何粒?」


そんな子どもたちとのやりとりから、1枝から取れるおじさんの大豆も数えてみることになりました。



大きな画用紙とセロハンテープを用意しました。「縦何粒入るかな?20くらい?20ずつはっていこう」



グループごとに進め方は様々でした。グループの子と順番を決めたり、テープと大豆の準備ができた子からどんどん貼っていったり、テープ・大豆・数えるの役割分担をしたり工夫がよく見られました。

これまでグループで協力しながらまとめてきた事が力になっているのだと思いました。



「お!5列できた、てことは、、20と20は40で40と20は、、なんだ?」「もしかしたら100いっちゃうかも」とワクワクしながら並べていきました。



やっと貼り終え、おじさんの大豆すべての数を保育者と一緒に計算しました。

なんと930粒!!

「こんなにみんなで数えたの?!」と驚きと達成感を感じる子どもたちでした。


そして、改めて「おじさん、すごい」と呟いていました。


 オベリン保育園では、例年、収穫体験や味噌作りに取り組んできました。子どもたちの前にはいつも立派で沢山の大豆は当たり前にありました。そんな中、今年度の子どもはこれまで、虫に立ち向かい、支柱を立て、開花を心待ちにし、鞘がカラカラになるのを辛抱強く待ちました。

 

 様々な取り組みを通じて育てる大変さや成長の喜び、全てを友だちや保育者と楽しんできました。そして、改めて、大豆のおじさん(農家さん)の偉大さや一粒の尊さを経験から感じる事ができました。




 さて、3粒から生まれた49粒の「みんなの大豆」は無事に味噌に変身するのでしょうか。

楽しみですね。



             オベリン保育園 廣山





2021年1月4日月曜日

お友だちとお祝い楽しいな

 【YMCAオベリン保育園】 乳児クラス活動のご報告

 12月25日は、乳児合同でクリスマスお楽しみ会をしました。コーナーに分かれ、楽器遊びや、飾りの制作、ボール遊びをしたりしました。

 楽器遊びでは、好きな楽器を手に取り、クリスマスソングに合わせて音を鳴らして遊びました。鈴やタンバリンを手に持ち、楽しい雰囲気が広がっていました。

       

 飾りの制作のコーナーでは、絵を描いたり、「どこに貼ろうかな?」とイメージしながらシール貼りを楽しんでいました。できあがったものをランチ会場に飾ると、「作ったね」「私の飾りあった」と嬉しそうに友だちと教え合っていました。

       

 ボール遊びでは、斜面にボールを転がしたり、投げ合ったりして、身体を動かして遊びました。

        

        

最後には、職員からのお楽しみでページェントのペープサートを見ました。

        

たくさん遊んだあとは、クリスマス会食会。

メニューは、ケチャップライス、ローストチキン、かぼちゃサラダ、温野菜、コーンスープ、いちごです。


 給食が運ばれてくると「なになに?」「おいしそう!」とワクワクしながらのぞき込む子どもたち。この日はことり、うさぎ、りすぐみのみんなでできる限りのソーシャルディスタンスをとりながら、一緒に手を合わせてめぐみのかみさまを歌いました。


待ちに待った食事が運ばれるとケチャップライスの上にのっている星型のにんじんを見て「星だ!」と盛り付けを見てクリスマスのイメージを広げていました。



ローストチキンを手に持っておいしそうにほうばる姿や、「おかわりください!」と元気よく手を挙げておかわりをもらう姿もあり、お腹いっぱいになるまで食事を楽しんでいました。

中には「ほしのにんじんくださーい!」とケチャップライスの上に乗ったにんじんの星が気に入ったようで、にんじんだけをおかわりする子もいました。



食べたときのおいしさだけでなく、見た目にもクリスマスを感じながら友だちや保育者とおいしさを共有する姿がありました。

クリスマスの雰囲気を感じながら、みんなで思いっきり遊び、たくさん食べ、楽しく過ごすことができました。

この一年、神様に見守られながら、子どもたちと楽しい毎日を過ごしていくことができたことに感謝いたします。来年もいい年になりますように。

YMCAオベリン保育園 鶴見・山口 








2020年12月28日月曜日

クリスマスをお祝いしよう

 【YMCAオベリン保育園】 地域活動のご報告

 1224日に地域活動を行いました。最初はコーナー遊びをしました。羊毛ボールに触れたり、滑り台で遊びました。

           

          

 保育者や新しい場所にも、すぐに慣れて遊びはじめる子どもたち。同じくらいの年齢の友だちに興味を持ち、関わることを楽しんでいました。

          

 お楽しみのキリスト降誕劇のペープサートでは、興味を持ちながらみんな真剣に見てくれていました。曲に合わせて身体をゆらしたり、ひつじの歌では歌の響きが楽しかったのか、笑顔も見られました。

         

 これからも保育者も一緒に楽しみながら、喜んでもらえるようなことを地域活動にとりいれて、色んな玩具に触れたり、身体を動かして遊ぶ機会も作っていきたいと思います。

 新しい出会いもありますので、育児の合間に、またぜひいらしてください。私たちも子どもたちと遊べることを楽しみにしています。

YMCAオベリン保育園 鶴見 

2020年12月26日土曜日

美しい音楽とともに

 【YMCAオベリン保育園】 地域活動のご報告
 12月17日(木)に地域活動でクリスマスコンサートを行いました。
 ソプラノ歌手の新堂清香さん、ピアニストの小倉一美さんが演奏しにきてくださいました。限定8組で2部制に分け、オンラインでも配信しました。
 馴染みのあるクリスマスの歌や、降誕劇の歌を聞きました。乳児の部では、子どもたちは圧倒された様子で聞き入っていました。
 幼児の部では、「きよしこの夜」の手話をまねしたり、知っている曲を一緒に歌ったりして、盛り上がっていました。  
 参加してくれた地域の方も、「ジングルベル」の曲に合わせて鈴を鳴らしたりしながら、楽しんでいました。「楽しかったです。大人も聞き入りました。」「子育ての合間にクラシックを聞く機会があってよかった」とお話してくださいました。 距離をとりながらも息遣いを感じることができ、間近で美しい音楽に触れることができました。

 今後の地域活動でも、感染予防をしながら、地域の方と交流する機会を持っていきたいと思います。
YMCAオベリン保育園 鶴見 

2020年12月1日火曜日

親子で楽しくオーナメント作り

【YMCAオベリン保育園】 地域活動のご報告
 
 1126()に子育てサロンを実施し、限定4組でクリスマスのオーナメント作りを行いました。

      

 検温や手指消毒、マスクの着用といった感染予防を徹底した中ですが、久しぶりに対面で子育てサロンを実施することができ、和やかな雰囲気でスタートしました。

         

 丸いオーナメント作りでは、好きな色の画用紙を選び、シールを貼ったりしました。「ハートいい」「ピンクがいい」など、色んな形のシールや素材の違いも楽しんでいました。親子で夢中になって貼っていました。

 トランスパレント紙のオーナメント作りでは、びりびりと紙を破いて感触を楽しんだり、星形にペタペタと貼ることを楽しみました。

 親子でオーナメント作りを楽しみながら、お母さん同士で、気軽にお話したり、お子さんの紹介をしあったり、和気あいあいとした子育てサロンになりました。

          

 気軽におしゃべりする時間も大切にしながら、「また来たいな」と思っていただけるように、さまざまな活動を企画していきたいと思います。次回も楽しい時間をみなさんと過ごせたら嬉しいです。

YMCAオベリン保育園 鶴見 

干し柿づくり

【YMCAオベリン保育園】 食育活動(干し柿づくり)のご報告

 オベリン保育園の園庭には柿の木があり、秋になるとたくさん実ります。

例年はお昼ご飯のくだものとして楽しんできましたが、今年は干し柿を作ってみることにしました。
干し柿作りの先生は、いつも遊んでいる保育者です。先生は毎年お家で干し柿作りをしている大ベテランです。


干し柿は渋い柿を、美味しく食べられるようにしたものです。園庭の柿は甘柿なので、熟れる前の硬くて少し渋いものを収穫して作ることにしました。

 

柿が食べたくて口をもぐもぐする子や、皮がむける様子・剥けた皮をじっと観察する子も。




皮を剥いた柿はみんなが通るテラスで干すことにしました。

一週間すると外側が乾燥して少し小さくなっていました。

「小さくなってるね」 「少し固いね」と観察していました。

完成まであと1~2週間出来上がりが楽しみです。


 

☆干し柿の作り方

 ① 渋柿、熱湯、焼酎、紐、はさみを用意する。

② 柿の枝をTの字に残して切る。

③ 葉の部分をはさみで切り取る。(虫が入っている場合もあるので、確認する)

④ 枝を避けながら皮を剥く。

⑤ 枝に紐を結びつける。

⑥ 熱湯、焼酎にそれぞれ浸す(10秒程度、消毒のため)

⑦ 風当り、日当たりが良いところへ干す。(雨や鳥に注意する)

⑧ 干して一週間後、軽くもむ。(中のたねを外しやすくする、熟成を早める)

⑨ さらに1~2週間干し完成


YMCAオベリン保育園 佐藤

2020年11月30日月曜日

みんな笑顔で嬉しいね

 【YMCAオベリン保育園】 平和についての取り組み(乳児クラス)のご報告

 横浜YMCAでは8月と11月に平和について、子どもたちと考えるプログラムを行っています。YMCAオベリン保育園の乳児クラスでは、乳児礼拝を持ち、神さまが見守っていてくれていること、自分たちが愛されていることを聞きました。




ハトは平和の象徴と言われ子どもたちと平和について考えてみました。
「平和ってどんなことかな」と話してみても「わかんない」と素直に答える子どもたち。「平和ってこうやってみんなと一緒に遊んだり笑顔でいられたりすることだと思うんだ」と伝えると、「いっしょだとうれしいね」と話しながら好きな色でハトに色を塗っていました。




 お友だちが塗っている色を見て、「オレンジわたしもすき」「いっしょだね」と楽しそうに話したり「○○ちゃんのハトさんかわいいね」とお互いのハトを褒め合ったりしながら遊ぶ姿にも平和を感じました。




 みんなの笑顔が咲き誇り、それがどんどんつながって笑顔でいっぱいの世界になることを願い、子どもたちと子どもたちなりに平和について考え、触れる機会を大切にしていきたいと思います。

(YMCAオベリン保育園 和田)