2018年12月5日水曜日

チャリティイベント:みうらファミリーデイキャンプ&あそびのもり


チャリティイベントの報告

11月17日にみうらファミリーデイキャンプ&あそびのもりを実施しました。
恵まれた天候の中、卒園児と在園児ファミリーで三浦グローバルエコヴィレッジに出発。バスの中では、バスレクで盛り上がりました。
海が見えると「海だー!」と歓声をあげ、「もう少しで着くね」と期待を高めていました。

三浦グローバルエコヴィレッジに到着。開会式後は、早速ビーツクリーニングとビーチコーミングをしに砂浜に向かいました。落ちているゴミを見つけると「あった!」とどんどん拾っていく子どもたち。砂浜をきれいにするために、自然に戻るもの、戻らないものを確認しながら、保護者の方も一緒になってゴミを拾いました。
きれいになったあとはビーチコーミング。色とりどりで大小さまざまな貝殻を見つけ、宝物のように大事そうに瓶に入れていました。保護者の方も夢中になって拾っていました。

卒園児は焼き芋の準備。4月に卒園児が手伝ってくれた畑で採れたさつまいもです。手際よく、準備をする姿はさすが小学生。あっという間に準備は終わり、砂浜のビーチクリーニングに合流しました。

お昼は、おにぎりと豚汁で、ほっと一息。
午後のチョイスプログラムでは、拾ってきた貝殻を使ってクリップ作りをしたり、岩場でネイチャービンゴをしたり、巨大ボールのサッカーをしたりしました。子どもたちだけではなく、保護者の方も、夢中になって制作したり、遊んだりする姿が印象的でした。

あっという間の一日でしたが、三浦グローバルエコヴィレッジならではの海のプログラムを満喫することができました。お土産の貝殻を片手に満足そうな子どもたちでした。

今回、参加の際皆様にご協力いただいた募金は、BAPY募金にあてさせていただきました。ご協力ありがとうございました。
最後に、初夏は富士山、秋は三浦YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジと大自然の中で、在園児・卒園児のファミリーが集まって、楽しいひと時を一緒に過ごせることが出来、大変嬉しく思います。たくさんのご参加ありがとうございました。

オベリン保育園 鶴見菜穂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
BAPY(子ども支援基金)とは、
BAPYは"Be A Partner of the Youth"の頭文字をとったもので、「子どもたち(青少年)のパートナーになろう」という意味です。YMCAの諸活動に経済的理由により、参加したくても参加できない子どもたち(青少年)に対して、費用の一部または全額を基金より援助するプログラムです。一人ひとりが自分の人生を切り拓いていくために様々な機会に参加できることは大切なことです。 ぜひ積極的にご活用ください。

2018年11月15日木曜日

育てて、作って、味わって。神様ありがとう。

収穫感謝礼拝とクッキング報告

自然の恵みと実りを神様に感謝して収穫感謝の礼拝とクッキングを行いました。礼拝ではぞう組が育てたお米、幼児のお友だちが育てたさつまいも、みんなで仕込んだ味噌のお披露目がありみんなで収穫や完成を喜び合う時間を持ちました。

礼拝の後は「野菜味噌煮込みうどん」「焼いも」「菜っ葉おにぎり」に使用する食材の下ごしらえをしました。

乳児クラスではしめじとまいたけを一本一本ほぐしたり、「お水が汚くなってきたね」「きれいになってきたってことだね」と里芋をゴシゴシ洗う子どもたち。

幼児クラスでは「みんなが食べやすい大きさってこのくらいかな?」とはさみで菜っ葉をチョキチョキ、ピーラーでごぼうのささがきや包丁で人参を切ったり、最後は掘りたてのさつまいもを「おいもさんお風呂に入ってるみたい」「きれいに流しましょうね」ときれいな紫色になるまで洗った後はホイルに包んで1日目の下ごしらえは終了です。

次の日は大きな鍋に昨日のお野菜をみんなで入れてコトコト煮こみます。鍋にあふれそうなお野菜に「沢山食べられるー」と楽しみにしている様子。お野菜が柔らかくなったらみんなで作った味噌を溶いていくと美味しそうな匂いが漂います。「いい匂い」「早く食べたいね」「美味しそう」と期待が膨らんでいました。待ちに待ったいただきます。どの子も「おいしー」の大合唱。

焼いもは「甘くてたまらなーい」と格別な味?の様でした。おやつのおにぎりに使うお米はぞう組さんの仕事。いつもは炊飯器で6合なのに今日は4キロ。大きな炊飯釜に「わあ、大きい」「そんなに研ぐの?」と驚きながらも研いでくれました。炊きあがった後に菜っ葉を混ぜたら乳児さんも幼児さんも1人でギュっギュっと握ります。「できた!」「いつもより美味しい」と自分で握ったおにぎりに嬉しそうな様子。
保育園のお友だち全員の力を合わせて作った昼ごはんとおやつは全てを食べつくし大満足した子どもたち。神様に感謝しながらお友だちと喜びあうことの出来た二日間でした。
また会食会には、おいもの畑を借りている農村伝道神学校から平良愛香牧師先生も参加くださり、一緒に楽しい神様からの秋の恵みを味わうことが出来ました。


オベリン保育園 荒川加奈子

馬に乗ったよ!

幼児クラス 保育実施報告 
保育園から歩いて15分ほどの所にある麻布大学で乗馬体験をさせていただきました。子どもたちは「馬に乗りに行くんだよね!」とずっとこの日を楽しみにしていました。
麻布大学に到着すると先生方学生の皆さんに温かく迎えていただきました。保育園にはない大きな教室で学生さんがつくった子どもたちがわかりやすい映像を通して乗馬をするときの約束や、馬の大きさや体重、見える色などクイズを通して馬について知りました。大学生のお兄さんお姉さんが子どもたちのサポートをしてくれ、ペアを組んだ大学生と乗馬に向かいました。
子どもたちが乗る馬は小さいポニーです。ヘルメットを被せてもらい、待機場所にいると目の前にゆっくりと馬がやってきました。「ここを持ってね」「ゆっくりと足をあげて」などと乗り方を教えてもらいながら馬にまたがりました。少し緊張していた子もいましたが、どの子も馬が歩き出すと表情が柔らかくなり、乗馬を楽しんでいました。お兄さんお姉さんたちに手綱を引いてもらいながら、前に進んだり右や左に曲がったりし、馬の体をなでてみたりもしました。小刻みに揺れる馬の動きに合わせて全身の力を使いながら
15分ほどの乗馬をしました。
下りるときには、馬の優しくたてがみをなで、ぎゅっと抱きつく子もいて「乗せてくれてありがとう」の気持ちを伝えていました。乗馬を終えた子どもたちは「楽しかった!」と笑顔になっていました。保育園に戻るとき、楽しい時間をつくってくれたポニーたちに「ありがとう、また来るね」と手を振る子どもたちでした。今回の乗馬経験を通して、たくさんのことを感じることができました。また、麻布大学の学生や先生、トレーナー方々とも触れ合い、地域の中で子どもたちの成長が育まれていく活動でした。乗馬体験は大学の後期の授業として取り入れられ、毎週1回計9回行われる予定です。
オベリン保育園 小泉のぞみ

2018年10月16日火曜日

YMCAオベリン保育園 運動会のご報告

うんどう会実施報告
109日(土)雨が心配された中、秋晴れの青空の下で第7回目の運動会が行われました。幼児クラスと日頃の活動で交流のある相模原中央支援学校のお友だちも参加してくれました。
 0.1.2.歳児の乳児クラスは保育園で楽しんでいる遊びを取り入れたもので、日頃の姿を見てもらいながら、保護者の方に参加してもらいました。0歳児は段ボールの車に乗って保護者の方と仲睦まじくゴールを目指していました。1歳児は段ボールの車に乗ったり、押したりした後に平均台を乗り越えられるようになった姿を見せていました。
2歳児は貝探しの後、「エビカニクス」を踊りました。
 3.4.5歳児の幼児クラスと養護学校のお友だちは、野菜(マット)引きやダンスをしました。
また、3歳児は二人一組で協力しながらボール運びやダンゴムシ(キャタピラー)、「なべなべ底抜け」をしました。4歳児は、クラスみんなで協力して行うパラバルーン。5歳児は、個人の成長としてマット、鉄棒、協力する力として大縄を披露しました。
 最後の4.5.歳児のリレーは、当日までの取り組みの中で、勝つためにはどうすればよいか子どもたちが相談し、友だちと力を合わせて自分のチームが一番にゴールできるように願いながら当日に臨みました。一生懸命走るお友だちを応援する3歳児クラスの子どもたち。会場全体の応援の中で4.5歳児はお友だちにバトンをつなぎました。保護者の皆様に応援されながら、子どもたち一人ひとりの成長に暖かい拍手が送られた素晴らしい運動会でした。
これからもオベリン保育園の子どもたちが色々なことに主体的に取り組み、意欲を持って成長していけるようになってくれればと思っています。
オベリン保育園 川原 邦之

2018年10月15日月曜日

乳児運動会ごっこ 

乳児クラス 活動報告

乳児で運動会ごっこをしました。
YMCA体操では、2歳児が元気よく楽しそうに踊る姿を見て、1歳児、0歳児も真似て手を振ったり、一緒に踊っているつもりになって楽しんでいました。
かけっこでは、名前を呼ばれると「はい!」と元気よく返事をし、笑顔でゴールに向かいます。「速かったでしょう」と言わんばかりに、満足そうな表情をうかべたり、「がんばれー!」と走っている子を応援したりしていました。
2歳児は、乳児の中で一番お兄さんお姉さんであることを意識し、かっこいいところを年下の友だちに見せたいと一生懸命な様子でした。
0・1歳児の競技では、みんなが普段遊んでいる車に乗ったり、引っ張ったりして遊びます。わくわくした様子で、車に乗り込み、保育者に引っぱってもらうことを楽しんだり、「自分で押したい!」と意欲的に車を運んだりしていました。
2歳児の競技では、元気よくエビカニクスを踊ります。音楽が鳴ると、見ている子どもたちも自然と身体を揺らしていました。
乳児合同で運動会ごっこをすることで、年上の友だちの姿を真似たり、年下の子を意識し、意欲につなげる様子が見られました。
今後も乳児の異年齢で身体を使った遊びを楽しんでいきたいと思います。
運動会当日も、普段の遊びの延長で保護者の方とも楽しい時間を持てたらと思います。
オベリン保育園 鶴見菜穂

2018年10月4日木曜日

涼しい風を感じて。


 乳児活動報告


暑かった夏も終わりに近づき涼しい日が増え、外で過ごしやすくなってきました。

9月のある日、うさぎ組は園庭横の芝生へ行くことに。


芝生までは友だちと手を繋いで歩きます。途中の道には猫じゃらしがいっぱい。「うわー」「すごい!」と子どもたちは猫じゃらしを触ったりひっぱったりして楽しそうな様子。「もっていきたい!」と自分でとった猫じゃらしを大事そうに抱える子もいました。
芝生ではボールやフラフープで遊ぶことになりました。普段あまり使わないボールやフラフープに大喜びの子どもたち。
ボールを「ぽい」と投げたり、「ころころ」と転がしたり「大きい!!」とバランスボールの大きさに驚いたり、発見がいっぱい。ボールを2つ抱えるのに挑戦する姿もありました。友だちとボールを転がしあったり、大きなバランスボールに乗ってみたりと笑顔がいっぱいです。
保育者が竹を切ったもので坂を作ると、上からボールを転がす子どもたち。
何度も繰り返すうちに坂の下から上へ「よいしょ」と転がそうとする子が出てきました。
するとそれを見た友だちが、なんだなんだと真似し始めました。
下から転がして戻ってくるボールの動きが面白かったようで、何度も繰り返していました。

いつもとは違うボールやフラフープ遊びはとても楽しかったようです。
子どもたちはどんな驚きや発見があったのでしょうか。
春、保育者との関わりが主だった子どもたちが、夏を経て友だちと関わることを喜ぶ姿が多く見られるようになりました。今回、芝生へ手を繋いで歩きましたが、お部屋でも「ねえ、手を繋ごう」と友だち同士で手を繋ぎにこにこと嬉しそうにしています。
そんな子どもたちの成長を喜ばしいと感じると同時に、これからも様々な人と出会い関わり、素敵な経験をしていってほしいなと思います。
 
これからもみんなで様々な遊びを楽しんだり、共に発見を喜んだりしていきたいと思っています。
 オベリン保育園 荒井美穂